パフォーマンスに花を咲かす最強の腸活

前回、セルフイメージを向上させるためにも

「腸」が大切だという話をしました。

今回は

そんな「腸」に花を咲かせるための

菌活についてお話ししたいと思います。

最近よく耳や目にする、「腸内フローラ」。

最近は男性アスリートからも

ドヤ顔で

「たまよさん、オレ菌を摂るためにヨーグルト食べてますよ」

なんて言われることが多いこの頃

今日はそんな菌について

もう一歩知識を増やしてもらおうと思います。

今日も張り切ってついて来て下さいね。

腸内にいる微生物(腸内細菌)には

善玉菌、悪玉菌などを含めて

数多くの種類が存在し

腸壁を覆って生息しているのですが

その様子がお花畑のようだということで

「腸内フローラ」と呼ばれています。

私たちは、食べ物を口から入れたら

そのまま体内に吸収されるわけではありませんよ。

咀嚼され

多くの酵素によって分解され

栄養素は小腸

水分は大腸で吸収され

初めて体内に摂りいれたことになるのです。

小腸と大腸は、全長8メートル前後で

全部広げると、テニスコートの広さに匹敵すると言われています。

そしてここには

私たちの身体の全細胞の10倍以上

数にして1000兆以上、5万種類の微生物(腸内細菌)が住んでいて

その総重量は最近の研究で、1.5Kgと言われています。

腸内フローラは一人ひとり異なり

その人特有のフローラを形成しています。

これもまさに個体差!

健康な人であれば

ある程度一定で

悪玉菌よりも善玉菌が優勢に保たれています。

しかし

食事内容や加齢

ストレス、抗生物質や薬物の使用などで

腸内フローラは

悪玉菌優勢の状態になり

あっという間に腸内環境が悪化し

様々なトラブルを発生させるのです。

人と腸内フローラは共存関係にあり

人は食と住処をあたえ

腸内フローラ(善玉菌)は

栄養の消化、吸収を助けるための「酵素」を作りだしたり

ビタミンB群やビタミンKを合成したり

病原菌の増殖を抑える物質を作り

免疫機能を刺激するなど

様々な代謝物を作り出し健康をサポートしています。

一方

悪玉菌はきちんと消化されなかった、たんぱく質を餌

腸内で増殖し

様々な有害物質を盛んに作り出してしまいます。

この有害物質は、腸だけでなく

肝臓に障害を与え、血液を通じて全身に運ばれ

神経組織、免疫組織に害を及ぼしてしまいます。

普段からお酒を呑むアスリートやお父ちゃんは

それでなくても肝臓に負担をかけていますから要注意です(悲)

また、日和見菌というグループもおり

善玉菌が優勢の時はおとなしくしているのですが

悪玉菌が増えると一緒になって悪さをはじめてしまいます

(なんだか人間社会と似てますよね・・・泣)

日和見菌は、腸内で一番多く

全体の70%と多いため

まずは消化を心掛け、未消化物を作らないことが大切です。

とくにアスリートは

ハードなトレーニングで内臓疲労を起こしていることが多いため

トレーニング後は

自己消化してくれる

果物や生野菜を積極的に取り入れましょう。

糠漬け、納豆、キムチ、良質のヨーグルトなどの

発酵食品で善玉菌を増やす食生活を心掛けるのもお忘れなく。

詳しい食べ方などもおいおい書いていきますね。

次回からは、少し難しいと感じるかもしれませんが

負担なき消化を実現するために

どうしても理解して頂きたい

「酵素」について

シリーズで書いていきます!

ここは間違って認識している人も多いので

しっかり押さえていきますよ。

頑張ってついて来て下さい!

りきほんがん

ごつく ひよりみ

びもどせ

腸を意識できればあなたは変わる!

から誕生する子供たち

私たちの生命はだれもが、「腸」からスタートしています。

僕は違う・・・・は無いんです(笑)

イメージできます?

 

現場で選手たちに「人間はどこから出来るでしょうか?」と質問すると

一番多い答えは

3位 脊髄

2位 皮膚

1位 脳

という答えがダントツです。

 

やはり、思考を司る脳からというイメージですかね。

この話は、私がどの現場でも必ず最初に話しているので

セミナーや講演会に来てくださっている部員の方によっては

またかというネタですが

たま部発足として、やはりこの話から書き始めたいと思います。

 

私たちはお母さんの胎内で

一個の受精卵細胞がどんどん分裂して胎児になります。

この時、最初にできるのが「腸」なのです。

 

なぜなら

成長するには、お母さんからの栄誉が必要不可欠だからです。

 

この腸から神経細胞ができ、脊髄を作り

これが成長して膨らみ

腸、間脳、大脳辺縁系、大脳新皮質と

神経細胞だらけのが出来上がります。

 

一方、腸にも脳に飲食した物などの情報を伝える

マイスナー神経叢(くさむら)と

内臓の働きを支配する迷走神経からも

内臓の情報を脳に伝えています。

 

脳の視床下部から出る自律神経は

脳の指令や情報を伝える交感神経と

腸の情報を脳に伝える副交感神経があります。

心を感じ取る

選手が試合前になるとお腹を下したり

お子さんが登校前になると、腹痛を訴えたり

お母さんが仕事に行こうとすると

決まって腹痛や発熱を訴えるのは(男の子に多し)

ストレスを感じた脳から腸に伝わり

腸が独立して現状のストレスに合わせた症状を

引き起こしていることが多いのです。

 

もちろん全ての症状がストレス性とは限りませんが

忙しい朝に大変とは思いますが

どうかお母さんの手をお腹に当て

ジッとお子さんの呼吸に合わせながら

1分でいいので気持ちを落ち着かせてあげてください。

 

頭痛を訴える場合は

後頭部や首の後ろに手を当ててあげてください。

この時、お子さんにはゆっくりと呼吸し

吐くことにフォーカスさせてください。

大事なのは息を吐くことです。

 

私たちは驚いたり、ショックを受けると

「息をのむ」というように

息を吐くことを止めてしまいがちです。

典型的な症状が喘息です。

 

ゆったりと呼吸しながら

触れ合っている手から安心感を与えることで

 

お子さんの脳が落ち着き

腸からのストレス信号が止まります。

 

これが本当の「手当て」です。

 

夜、癇癪を起しやすかったり

寝つきの悪いお子さんにも是非

手当てしてあげてください。

 

上記に記した二つの神経叢(くさむら)は

1億以上の細胞の集まりで

全員で脳と関わって情報伝達に努めているのです。

 

腸が小さな脳と言われることも納得できたのではないでしょうか。

私は腸が第一の脳だと思っているんですがね。

 

腸を良好に保つ事が

私たちの心と身体を健康に保ち

パフォーマンスに繋げるために

最も重要なポイントとなるのです。

 

その最初の一歩は

 

よく噛むこと

 

噛むことで

口の中から消化をスタートし

胃の中に移動した時には

消化にかけるエネルギーを極力減らす

 

そうすることで

疲れた身体を内臓からサポートすることができるのです。

 

運動したから、お腹空いてるから、と

大量のご飯をよく噛みもせずに食べれば

 

あなたの身体は

運動以上にあなたのエネルギーを使って

食べた物を消化しなければなりません。

 

アスリートに内臓疲労が多いのはこのためです。

 

自律神経のバランスを保つのも

やる気をみなぎらせるにも

判断力を高めるにも

目標達成までのセルフイメージを上げるためにも

 

脳が適切な指令を出すことが重要ですが

 

その脳の細胞を良質な細胞に生まれ変わらせることで

はじめて持久力のある「攻めの思考」が可能となるのです。

 

選手やお子さんを輝かせるために

まず取り組むべきは

セルフイメージを上げる腸内環境を手に入れる!

そのために

まずは とことん噛むトレーニングを始めましょう!

 

では今日はここまで!

 

たかいの

えに そなえて

くかもう!

「たま部」発足

この度、長年の悩み(苦笑)であったブログを

継続したいと思える形にするべく考えたのが

「たま部」の発足

ホリスティックに選手の心と身体を育てたいけど

どうしたら良いか分からないと考える指導者や保護者の方や

悩み多きアスリートが集う場所という設定(笑)

 

その部員の皆さんに向けて心と身体の調律師TAMAYO がつぶやく。

という若干強引な設定のもと

部員の皆さんの役に立つ情報を、つぶやいていこうと思います。

 

ですが、たま部に入部して頂き、読み続けてもらえば

現場での景色が違って見えてきます。

 

ここにつぶやいていく内容は有料メルマガ並みの

濃い内容にしていきますので沢山の入部をお待ちしております。

 

本日は初回という事でご挨拶。

たま部のキャプテン。TAMAYOです。

 

たま部の提供する「腸整脳力」というメソッドは

ガイドラインに沿った栄養指導をするわけでも

メニューを提供するものでもありません。

 

現代医療が人の身体をパーツで考えるのに対し

腸整脳力では一人ひとりを全身全体でとらえ導きます。

 

食べた物にどれだけ素晴らしい栄養成分が含まれていても

それを食べる人の習慣、ストレス度、消化力、吸収率など

様々な要素によって

体内でどの程度利用されるかは変わってきます。

まさに個体差

 

 

自分のボディタイプを理解し

ストレスの根を知り、対応策をとり

今の自分が必要とする食べ方を研究する。

 

一人として同じ状態の人はいないのです。

極限状態で戦うアスリートなら尚更です。

心も身体も未発達の子供なら尚更です。

 

日本のスポーツの現場では栄養を摂ることを重視しても

栄養とメンタルをひとつと捉えた指導は残念ながらありません。

 

「勝つためのメンタル」や「本番に強くなるメンタル」

と、メンタルをパーツでとらえてしまっています。

 

これでは、ガイドラインに沿ったミニマムヘルス(最低限の健康維持)

であり、パフォーマンスを変えるほどの状態に導くことは困難。

 

大事なのは個体差を理解し、メンタルの発生源である「腸」を変える事

自分が食べた物で今の身体が作られる。

 

これは常識となってきましたが

食べた物であなたの気力やメンタル・判断力といった

脳力が出来ていることを知る

 

それが

最も最短で、オプティマルヘルス(最高の健康)

=(イコール)自分史上最幸の状態へと導く「腸整脳力」です

 

「たま部」では

アスリートは勿論のこと

地域児童にスポーツ指導に当たっている方

スポーツキッズを育てる保護者の方。

日々、一生懸命な部員の皆さんに

 

スポーツをすること。

指導すること。

子どもを育てること。

これらに楽しくワクワク向き合うことができる

最幸の情報をお伝えします。

 

いつか部員の方たちと打ち上げでもしたいです(笑)

 

気付いたら画像も無しに書き綴ってしまった(汗)

見にくくてごめんなさい

少しずつ進化していく姿もお楽しみください

 

いへんなときこそ

よってないで

んでみて