パフォーマンスに花を咲かす最強の腸活

前回、セルフイメージを向上させるためにも

「腸」が大切だという話をしました。

今回は

そんな「腸」に花を咲かせるための

菌活についてお話ししたいと思います。

最近よく耳や目にする、「腸内フローラ」。

最近は男性アスリートからも

ドヤ顔で

「たまよさん、オレ菌を摂るためにヨーグルト食べてますよ」

なんて言われることが多いこの頃

今日はそんな菌について

もう一歩知識を増やしてもらおうと思います。

今日も張り切ってついて来て下さいね。

腸内にいる微生物(腸内細菌)には

善玉菌、悪玉菌などを含めて

数多くの種類が存在し

腸壁を覆って生息しているのですが

その様子がお花畑のようだということで

「腸内フローラ」と呼ばれています。

私たちは、食べ物を口から入れたら

そのまま体内に吸収されるわけではありませんよ。

咀嚼され

多くの酵素によって分解され

栄養素は小腸

水分は大腸で吸収され

初めて体内に摂りいれたことになるのです。

小腸と大腸は、全長8メートル前後で

全部広げると、テニスコートの広さに匹敵すると言われています。

そしてここには

私たちの身体の全細胞の10倍以上

数にして1000兆以上、5万種類の微生物(腸内細菌)が住んでいて

その総重量は最近の研究で、1.5Kgと言われています。

腸内フローラは一人ひとり異なり

その人特有のフローラを形成しています。

これもまさに個体差!

健康な人であれば

ある程度一定で

悪玉菌よりも善玉菌が優勢に保たれています。

しかし

食事内容や加齢

ストレス、抗生物質や薬物の使用などで

腸内フローラは

悪玉菌優勢の状態になり

あっという間に腸内環境が悪化し

様々なトラブルを発生させるのです。

人と腸内フローラは共存関係にあり

人は食と住処をあたえ

腸内フローラ(善玉菌)は

栄養の消化、吸収を助けるための「酵素」を作りだしたり

ビタミンB群やビタミンKを合成したり

病原菌の増殖を抑える物質を作り

免疫機能を刺激するなど

様々な代謝物を作り出し健康をサポートしています。

一方

悪玉菌はきちんと消化されなかった、たんぱく質を餌

腸内で増殖し

様々な有害物質を盛んに作り出してしまいます。

この有害物質は、腸だけでなく

肝臓に障害を与え、血液を通じて全身に運ばれ

神経組織、免疫組織に害を及ぼしてしまいます。

普段からお酒を呑むアスリートやお父ちゃんは

それでなくても肝臓に負担をかけていますから要注意です(悲)

また、日和見菌というグループもおり

善玉菌が優勢の時はおとなしくしているのですが

悪玉菌が増えると一緒になって悪さをはじめてしまいます

(なんだか人間社会と似てますよね・・・泣)

日和見菌は、腸内で一番多く

全体の70%と多いため

まずは消化を心掛け、未消化物を作らないことが大切です。

とくにアスリートは

ハードなトレーニングで内臓疲労を起こしていることが多いため

トレーニング後は

自己消化してくれる

果物や生野菜を積極的に取り入れましょう。

糠漬け、納豆、キムチ、良質のヨーグルトなどの

発酵食品で善玉菌を増やす食生活を心掛けるのもお忘れなく。

詳しい食べ方などもおいおい書いていきますね。

次回からは、少し難しいと感じるかもしれませんが

負担なき消化を実現するために

どうしても理解して頂きたい

「酵素」について

シリーズで書いていきます!

ここは間違って認識している人も多いので

しっかり押さえていきますよ。

頑張ってついて来て下さい!

りきほんがん

ごつく ひよりみ

びもどせ